2022 全日本選手権 in 日本サイクルスポーツセンター

小林選手からのレポートです!

 

 

 

 

 

 

前日試走

天城越えは先週の週末に練習を行ったので、問題なくクリアすることができた。浄蓮の滝は、BラインとCラインの練習を行った。Cラインは問題なく行くことができたが、Bラインは1度転倒した後、恐怖心から行くことができなかった。その他には、桜ドロップの後の石畳の坂などセクションごとに練習を行った。

当日試走

当日の試走では、コースを確認しながら1周回った。また、桜ドロップの後の坂の練習を行った。 レース レース前は、とても緊張した。 スタートはペダルキャッチがうまくいった。スタート直後のアスファルトの上りで他の選手と離れてしまい、天城越えに入るまでに5秒ほど離れてしまった。 桜ドロップまではマスターズの選手と走った。桜ドロップの後からはずっと1人で、ユースの前の選手とは、30秒差ほどで走っていた。1周目は、トップと3分30秒差、前の選手と30秒差で終えた。 2周目も1人だったが、前の選手が見えてる状態が続いて、焦りからミスが多くなってしまった。最後にはたれてしまい、最終的にはトップと6分37秒差でのゴールとなった。順位は7位で終わった。 これからに向けて 今回のレースでは、他の選手と技術面ではなく、体力面での差があった。そのため、これからの練習では、長時間の練習を積極的に取り入れていきたい。 また、今回のレースで良かったこととして登りのフォームの改善が挙げられると思うので、もっと良くなるように練習したい。 今まで走ったコースの中で最も難しいコースだったけれど下りなど楽しく走れた面もあったので、技術面ももっと上手くなってもっと楽しく走れるようになりたい。 応援やサポートありがとうございました。

 

柚木選手からのレポートです!

日時 11月20日
大会名 全日本選手権
カテゴリー ジュニア
リザルト 3位
今回は進路の試験があったため木曜から自転車に乗れず、当日ぶっつけレースになってしまいました。
ジャパンカップから約2週間MTBメインの練習が出来たので、乗る感覚はありましたが、厳しいレースとなりました。
レースはジャパンカップと同様に自分よりも格上の選手が何人かいる中でのレースだったので、今回も序盤からついて行くことに集中してレースを走りました。
しかし、スタートからのトップのペースが速く、少し距離が開き、前回から路面コンディションも少し変わっていて、ミスをして焦り、更には転倒を してしまいました。そこから追い上げたかったですが、どんどん差が開いていき、中盤、後半もキツくペースをあげられずに、自分の気持ちの弱い所ばかり出てしまい、過去最低の本当に悔しいレースになってしまいました。ウイークでの調整が出来なかった事が大きく出てしまいましたが、パワーも全然上がらなかったし、そもそもウイークに向けても上手く調整も出来てこれなかった事も敗因だと思います。本当悔しいです。
そして、このレースでプロライド卒業になります。
小学ではBMX、中学は部活動、高校は自転車競技部の合間でMTBに取り組み、年間  数戦しか出れず BMX経験のお陰でなんとかレースもやってこれましたが、ジュニア最後の年は周りも速くなり厳しい結果になりました。
しかし、他競技を行いながら、レース計画や自転車整備等 忙しい中でも一人でこなせる様になれた事は今後にも活かせる事で 良かったと思います。
そして、約6年間 TeamProRide江崎監督、創平さんを初めとした大先輩方々、チームの皆さんの支えや、沢山の応援をして下さったおかげで楽しく走れた事に感謝致します。
来年以降は更に走る頻度がが減りますが、何か機会があれば参戦出来ればと思っております。
最後に良い形で終われませんでしたが、、、6年間 本当にありがとうございました。
柚木 伸元
長見選手からのレポートです!
日時:2022/11/20
大会名:第35回全日本MTB選手権
結果:U23/12位

・長すぎるシーズンの締めくくりは今年も全日本選手権となった。本格的に競技を始めた頃からコロナ禍に突入し、自分にとっては11月の全日本選手権しか経験していない為当たり前のようになっていた。
先月のJapan cupでも走り込んでいる為不安要素はほとんど無かったがレース日は雨予報となっていた為マッドコンディションも予想して試走を行った。機材もフルサスペンションバイクに新調しリズム良く走れていたが雨によりどれほどコースが変わり果てるかまでは想像できなかった…。
金曜、土曜と身体の調子を見ながら慎重に試走をし日曜のレースに備える事ができた。

・レース当日、朝はまだ降っておらず午前中のカテゴリレースまではほぼドライの状態であった。しかしお昼頃から本格的に雨が降り出しマッドコンディションでのレースだと覚悟を決めた。 コースから車までの距離もかなりあり直接見に行く事をしなかった事が後から考えれば失敗した点だなと思う。変わり果てたコースを自分でしっかりと確認していればラン区間に有利なハードテイルバイクを選択していただろうしタイヤも完全マッド用に替えていただろう。

・スタートは雨により15分遅れの14:15〜。久しぶりにクリートキャッチを失敗し完全に出遅れてしまった。幸い本ループまでの舗装区間が長くすぐに追いつく事ができたが余計な脚を使ってしまった。だか今思えば前のパックと少し間隔が空いていた事で落車に巻き込まれずにポジションアップできたなと思うので結果オーライであった。
変わり果てたコースに驚きながらも乗車とランを繰り返しながら必死に前を追った。何度も転び全身が震えるほど寒くランにより脚も攣りかけていたが後悔のないように力を振り絞った。途中エリートトップの平林選手などにも追いつかれたが後ろから見ていてとても力強くこれがトップ選手の走りかと感心したと同時に一緒に走れるようになりたいと強く思った。
レースは雨により周回数が1周減ったとはいえ過酷差は増して行くばかりで早くゴールしてしまいたいという気持ちが強かった。前の選手ともかなり差が空いてしまい自分との戦いになり余計辛かったが雨の中サポートをしてくれている親の為にもなんとしてもゴールする事が最低条件だと思い力を振り絞った。結果的にトップともかなりのタイム差がありいい結果とは言えないが今ある自分の力は全て出せたと思うので後悔はない。ただこのまま終わり訳にはいかないので来季に向けまた準備をしていきたいと思う。

最後にこの長いシーズンを通してサポートして頂いた全ての方に感謝をしたいです。ありがとうございました。早く結果で恩返しできるように頑張ります。今回も雨の中サポート、応援、撮影、そして運営の皆様本当にありがとうございました!  大好きな ProRideチームのジャージで走るMTBレースはこれが最後になると思いますがシクロクロスの方はまだ参戦しますのでそちらの応援も是非お願い致します‼️

Team  ProRide   長見真左哉